少人数での社員旅行には観光タクシー利用が便利です

社員旅行と言えば会社に集合して、そこから貸切バスで目的地に向かい、観光すると言うケースを思い浮かべます。また多くの観光スポットを巡る事がなく、温泉地でゆっくりとし、宴会などを行うのが目的の場合には、電車で移動し、最寄り駅に宿泊施設のマイクロバスに迎えに来てもらうと言った事もあるでしょう。

しかし貸切バスでの社員旅行は従業員が多い場合には最適ですが、少人数の社員旅行では利用ができないのが欠点です。そんな少人数での社員旅行には、目的地まで電車を利用し、目的地で様々な観光スポットを巡るのに観光タクシーを利用するのが便利でお勧めです。

観光タクシーを利用するのは、土地勘がない観光地を効率良く巡るのには最適です。観光タクシーの運転手は、社内で観光案内や接客の訓練を受け、資格を得た方が従事されているのが一般的で、観光スポットの説明などもしてもらえ、非常に助かります。時間に応じて乗車前に運転手さんと相談し、巡る観光スポットを決め、必要なら美味しい昼食を頂けるレストランや食事処を観光コースに織り込み、効率の良いコースで案内してもらえるのもありがたいポイントです。

また公共交通機関の車内では、羽目を外してワイワイ賑やかに語り合う事もできません。しかし観光タクシーなら、車内はプライベート空間であり、節度を守ればこうした事も許され、親睦を深める事が可能です。さらに、観光タクシーは一般のタクシーの様に距離と時間で料金が決まるのではなく、時間料金制であり、料金がお得な上に最初から明確であり、料金を気にしながら利用する事もありません。

従業員が少なく、観光バスを利用できない場合の社員旅行に、観光タクシーが最適だと先にご紹介しました。しかし観光バスを利用できる人数での社員旅行でも、あえて観光バスではなく、目的地までは電車で、観光地巡りは観光タクシーを利用する社員旅行を選択するメリットもあります。

毎年、行き先は違っても観光バスでの社員旅行はマンネリ化もします。それに、一日中、年齢や性別の異なる従業員が一緒にいる事が、若い社員にとっては苦痛な事も多く、こうした事が社員旅行の参加者の減少を招く原因となっているのが現状です。電車で目的地に向かい、そこからは気の合うメンバー同士で観光タクシーで自分達の趣向に合ったスポットを自由に巡り、夜になれば宿で落ち合って宴会を行うと言った、自由な時間を組み込める事で大きなメリットなのです。

社員の少ない会社の社員旅行はもとより、貸切バスでの社員旅行のマンネリ化を打破し、若い人の参加率を上げるためにも、観光タクシーを利用した社員旅行をお勧めします。